中堅中学

中学受験よもやま話

経験してよかった。中学受験という、親子の濃密な時間

中学受験で過ごすような、親と子が同じ目標について必死で考え、時間を費やし、時に怒り、悲しみ、喜ぶ…といった濃密な時間は、中学生になるとほぼ無くなります。絶望して全てを投げ出したくなる気分になることも沢山あるかもしれませんが、そんな気持ちもあんな気持ちも、それもこれもあれもどれも、このチャンスを逃すと二度とやってこない、そして二度と戻ってくることがない、子との貴重な時間なのです。
6年生

【中堅校の中学受験】6年の問題集、志望校の名前がある問題は徹底的に排除した話

四谷大塚の進学くらぶをやっていますと、後期は「入試実践問題集」に沿って日々の勉強を進めることになりますが、この「入試実践問題集」、各回毎のテーマに沿って様々な学校の入試で実際に出題された入試問題が集められいるので、子の志望校や受けるであろう学校の入試問題が含まれております。これは過去問演習をするためにはちょいと問題なので、一工夫しました、という話。
6年生

6年の秋、塾なし中学受験生三菜は何をしていたか?…持ち偏差値より〇ポイント低い学校の過去問をやってましたの巻

塾なし三菜はこの時期、持ち偏差値からマイナス10ポイント低い学校の過去問演習に取り組んでいました。あえて持ち偏差値から10ポイント低い過去問をやっていた理由とは?持ち偏差値よりー10ポイント低い学校だったらどこの学校のものでもいいのか?
中学受験よもやま話

【中学受験で買ってよかった3大ツール①】子とのバトルを減らす必殺アイテム!…だけじゃない、ホワイトボード

中学受験における便利アイテムと言われているホワイトボード。絶対勝った方がいい理由を、こみる家の使い方と共にご紹介。アンガーマネジメントの観点からも有用だと思います。
6年生

【中堅校の中学受験】秋になっても理科が壊滅的?救世主はスタディサプリの相馬先生だ!

同じ類の問題が正解していたり間違っている場合は「要注意」。急がば回れで、さらっとインプットのし直しをしたほうが功を奏することも。スタディサプリの相馬先生の講義が特効薬!「理科やべー」と思う中学受験勉強中の子は、だまされたと思って相馬先生の講義だけでも聞いてみてほしいな、と思います。
中学受験よもやま話

【中堅校の中学受験】ゲームや旅行の「封印」は吉か凶か?

三菜に中学受験当時の気持ちを語ってもらいながら、中学受験におけるゲームや旅行などの「遊び」を封印することについて考えてみたいと思います。
中学受験よもやま話

【中堅校の中学受験】模試の「合格可能性」は「ホントの合格可能性」じゃないよ、という話

「ホントの合格可能性」は模試ではわかりません。別の尺度ではかる必要があります。中堅校を目指す塾なし中学受験生の母は、「偏差値」同様、模試の合格可能性ごときで血圧を上げたり下げたりする必要はないのです。模試の合格可能性に関する数値は何なのかを知り、冷静にまいりましょう。
中学受験よもやま話

【中堅校の中学受験】模試で「偏差値」が下がった…見るのはそこじゃないよ、という話

前より偏差値のポイントが上がったか下がったか、素点が取れた取れなかったは、数字の分かる小学1年生だってわかります。今回は、中堅校を目指す塾なし中学受験生の母がテストの結果で見るべきところとは何かについて三菜の受験を通して思うところをつづります。
6年生

【中堅校の塾なし中学受験】1冊の問題集を使い倒すか、違う問題集をどんどんやるか問題

中学受験勉強において、1冊の問題集を使い倒すべき?違う問題集をどんどんやるべき?精神年齢低めの小学生の特徴を踏まえますと、後者に軍配があがります。あれ?勉強できない人ほど問題集を沢山持ってる??…持っていてもよいのです。要は使い方次第です。
6年生

【中堅校の中学受験】6年、夏期講習を受けずに塾なし三菜がやったこと③<理科・集中砲火編>

塾なし三菜、6年夏の理科の集中トレーニングについて。スタディサプリの神・相馬先生の授業+魔法ワザで理科の苦手単元克服はバッチリ!
タイトルとURLをコピーしました