【中堅校の中学受験】ゲームや旅行の「封印」は吉か凶か?

中学受験よもやま話

ご覧いただきありがとうございます。こみるです。

連休ですね。
GWやシルバーウィークは、中学受験生には苦手を克服するチャンス!
どこへも行かず家で缶詰、勉強にいそしんでいらっしゃる方も多かろうと思います。

今日は、三菜に中学受験当時の気持ちを語ってもらいながら、中学受験におけるゲームや旅行などの「遊び」を封印することについて考えてみたいと思います。

こみる心の声
こみる心の声

でた、答えの無い系のテーマ!

答えはでなくてもよいのですよ。
100人いれば100通りの受験がこみるの信条ですから。

だれも人様にあわせる必要などないのです。

※ちなみにちょいと今日はほろ酔いで書いています。
なので後日大幅に書き直す予感がいたします。

中学受験で「封印」されちゃうやつたち

中学受験で封印されるやつ ベスト6

さてさて、中学受験で封印されがちなものってなんでしょう?
ベスト6と書きましたが、何の統計をとったわけでもありません。ただの感覚です。

① ゲーム
② マンガ
③ テレビ
④ スマホ
⑤ 旅行
⑥ 外遊び

…人によっては他にもいろいろありそうですが、ネットをざっと見ての”あるある”はこんなもんでしょうかね。ところで…どうしてこれらは「封印」されなければいけないのでしょうか?

「封印」される理由とは?

「① ゲーム」 が封印される理由は何でしょう?

・いつまでもゲームをしていてやめないから
・勉強してるふりをして隠れてゲームをするから
・ゲームのことばかり考えているから
・自分で時間を決めたのに守らないから

…いろいろありますが、これらは行きつくところ
・勉強する時間がなくなるから
なのでしょう。「② マンガ」や「③ テレビ」も同じような感じですかね。

「⑤ 旅行」はちと①~③とは理由が違いそうです。旅行に中毒性はないですからね。

・勉強をする時間がなくなるから
・勉強漬けの毎日に戻れなくなるから

といったところでしょうか。
1泊2日の旅行に行きましたら、ライバルは1日10時間、2日で20時間の勉強ができるところ、我が子は1日2時間、2日で4時間の勉強しかできないとかね。
温泉につかったら、「あー、もう受験勉強したくない~」とか。

「④ スマホ」はどうでしょう?

・勉強をする時間が無くなるから
・受験をしない子とつるんで受験勉強に身が入らないと困るから

「① ゲーム」や「② マンガ」や「③ テレビ」の要素はありますからそれと似た理由+誰かとつながることによる理由も加わりそうです。

「⑥ 外遊び」はこれらの理由に加え、

・怪我をするリスクがあるから

なんて理由もありそうです。

「封印」で親が期待してる効果って何だ?

これらの遊び系時間を封印することで、親が期待してる効果って何でしょう?
封印の理由の裏返しになりますね。

① 勉強のための時間を捻出できる…時間的問題の解決
② 勉強以外の雑念を取り除くことができる…心的問題の解決
③ 利き腕を守って万全の状態で受験に挑める…物理的な危険を回避できる

③は、例えば運動神経がとんでもなく悪いとか、子が挑発にのって無茶をしやすいタイプ、なんて場合には、「怪我を避ける」という意味でリスクマネジメントとしてありかもしれません。※こみる家では、無しですがね。

怪我を避けるで思い出しましたが、この季節、運動会はサボったり、怪我しないように学校に配慮を求めるご家庭もあるとのこと…

 

今回は、

① 勉強のための時間を捻出できる…時間的問題の解決
② 勉強以外の雑念を取り除くことができる…心的問題の解決
にフォーカスして「封印」で勉強のための時間は捻出できるのか?雑念は取り除かれるのか?…を考えてみたいと思います。

「封印」することで、親が期待してる効果はでるのか?

三菜に聞いてみましたシリーズ:「封印どうよ?」

晴れて中学生となった三菜に、当時のゲームに対する想いなどを聞いてみました。
※ちなみにこみる家では、①~⑥すべてにおいて制限はしましたが、封印は一切しませんでした。

こみる:受験の時さ、友達で「ゲーム封印」になった子いたよね?なんで封印するのかな?
三菜:さあねぇ?勉強できなくなるから?
こみる:かもね。三菜はゲームの封印はしなかったけど、時間の制限はあったじゃない?封印したほうがゲームのこと考えずに済むから、もっと勉強できたかもよ?
三菜:いやぁ、逆じゃない? だって、三菜が封印してたとしても、学校ではスプラ(*Nintendo Switchのスプラトゥーンです)が流行ってたから、休み時間にスプラの話になるじゃん?その時、自分がスプラができなかったら、めっちゃストレスよ。受験で勉強しなきゃなのは分かってるけど、勉強の間も多分ずーっとスプラのこと考えちゃう。ゲームできないから妄想したり。
こみる:へぇ。ちなみに休み時間の10分だけやってよーし!…と制限されちゃうと、もっとやりたいのにーって悶々としちゃわない?
三菜:受験だからゲームできる時間が決まってるのは仕方ないかなーと思ってた。それより、休み時間が来ると、やっとゲームの時間がキター!!!と思うの。「ご褒美」キター…っていう感じ?ご褒美っていいよねー?三菜、好き。ハハハハ…ヨッシャーって、集中して塗りたくっちゃう(※)。
(※)スプラトゥーンとは2チームに分かれて自チームの色のペンキを沢山の面積塗ったほうが勝ち!…という「陣取り」のようなゲームです。

子が本気で「仕方ない」と思えるラインはどこか?

三菜は「ゲームができる時間が決まってるのは仕方ないかなー」と言っていましたが、この「仕方ない」と思えるラインがどこなのかは人によって違うように思います。

・受験だからゲームの時間が週末しかできないのは仕方がない
・受験だからゲームの時間が勉強の合間の休み時間だけと決まってるのは仕方がない
・受験だからゲームが封印なのは仕方がない

三菜は「受験だからゲームできる時間が決まってるのは仕方ない」と言って我慢ができていたわけですから、子が本気で仕方がないと思ってるなら、そのラインまでは本人の意思であきらめ or 我慢が出来そうです。

さて、子が本気で仕方がないと思えてるラインは、一体どこでしょう?

精神年齢の幼い子にとっての「封印」とは

このブログでは何度も言ってるので三菜本人でさえも聞き飽きていると思いますが、中学受験勉強当時の三菜は「精神年齢幼め」の子でした。

そんな三菜は「休み時間にしかゲームができなくても仕方がない」と言い、ゲームが封印だと「ゲームができないから妄想してしまう」と言っていました。

こみる心の声
こみる心の声

どの家も封印してるわけじゃないから
ゲームの話を100%シャットアウトなんてできないしな

そういう幼めの子が、好きなものを「封印」されると「なんでできないんじゃ、わしもやりたい~」という思いが炸裂し、勉強時間にアレコレ考える。親から見ると、あれ、おかしいな、一向に勉強がすすまんぞ、という事態を招く恐れがありそうです。

つまり、三菜のようなタイプの場合、封印は「仕方がない」と思えるラインではない。
よって単純な封印により親が期待している効果がでるのかというと、相当角度が低いような気がいたします。

親が期待している効果である「雑念を取り除く」どころか「雑念だらけ」。
親が期待している効果である「勉強時間を増やす」ことは表面上できますが、なんせ集中できないので勉強の密度としては「遊んでから集中して勉強した」のと実質同じだったりして。

子は府落ちせず封印され悶々、親も狙った効果がでなくてイライラ。

これ、親も子も不幸です。

封印が功を奏する場合もありそうだぞ

子によっては、クラスでスプラの話があったとしても、そんなものは一蹴、大人も驚く超越した精神で「(ゲームは超絶好きだけど)俺は受験だから必要ないのさ」という境地にたてる、そんな子もいることでしょう。まぁ、そんな子は親が制限などしなくても自らを律してゲームを捨てることは簡単にできそうです。

こみる心の声
こみる心の声

精神年齢高めってやつですね。

また、子が自発的に自らを律することが出来なかったとしても、「どうして封印が必要なのか」を親と子で話し合い、若しくは親が子に理解させ、子が心の底から「ゲームの封印は仕方がない」と思えた場合も、自発的に自らを律することができる子と同様、封印は効果がありそうです。

逆に言うと、精神年齢幼めの子に勉強時間を増やすために好きなものを封印させるには、相当本人が府落ちしてないとキッつい気がいたします。

こみる心の声
こみる心の声

大人だって、息抜きも一切なしで何日もぶっ続けで集中しろって、キツくね?

 では、どうすれば吉なのか?

精神年齢高めのお子様の場合は、自発的にせよ親の助言にせよ、自らを律することが出来るので、封印は吉と出ましょう。封印してバリバリ密度の高い勉強して、GO,GO,Let’s GO!です。

三菜のような精神年齢幼めタイプは悩ましいでしょう。

親が子に対し何故ゲームの封印が必要なのかを「完璧に府落ち」させることができることができれば、精神年齢高めのお子様同様、封印も吉と出そうな気がいたします。
幼めタイプだけど、難関目指してまーすって方は、時間の捻出はマストでしょうから「仕方ない」ラインが封印であることを子に完璧に府落ちさせないと、前述の親も子も不幸なやつです。

三菜のように、封印の必要性について府落ちしてない・親が完璧に府落ちさせていない場合、封印は凶である可能性が高いように思います。むしろ、封印せずにコントロールするが吉。パッと遊び、パッと切り替えさせる。

こみる 心の声
こみる 心の声

中堅校を目指す場合は、こっちじゃないかなー?

旅行だって、親子で封印が府落ちしてなければ行けばいいと思うのです。

実際こみる家は5年も6年も旅行に行かないなんてことはありませんでした。
1日、2日と、息抜きもせず集中力を欠きながら悶々と勉強してるよりは、地熱発電の地域でも確認しながら温泉につかってしまったほうがはるかに効率的でしょう。
リフレッシュの勢いで、お風呂上りにその他の発電についても完璧にしちゃうとか。
その日の演習量は少なくたって、家族みんなであーでもないこーでもない言いながら問題解いたりしたら面白いし、頭にも残ります。楽しく旅行が終わったら、さぁ、いくぞって気合い入れてかかればいいのではないかなー…?とこみるは思っています。

(あ、中堅校の中学受験の話ですよ。しかも何万分の1の事例です。)
https://komiru-study.com/verification23
にほんブaログ村 受験ブログへ ハイブリッド型中学受験のすゝめ - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました