中学受験、共働きあるある「家で勉強しない」を攻略①<子のムダを分析する編>

中学受験よもやま話
家で勉強しない

ご覧いただきありがとうございます。こみるです。

共働きの場合、(通塾している場合)塾が無い日、「誰も見ていないけどちゃんと勉強しているかしら」と気になりますよね。夏休みの夏期講習が無い日に至っては朝から晩まで放置状態。…もう気になる度MAX。塾なしであればなおのこと!…で、仕事を終えて帰ってみますと「え?たったコレだけ?」…と時間当たりの勉強量に愕然としてしまうこともあったりなかったり…。

今回はタイトルの通り、「家で勉強しない」について①分析編と②実践編の2回にわけて、三菜の実体験を交えて攻略していきたいと思います。

注)小学生にしてやるべきことの計画を自らたて、己を律して勉強に取り組めるようなラッキーなお子様をお持ちの方はターゲット外ですよ!

「宿題しなさい」とだけ言った場合の子の様子を観察しよう

共働きの方は土日でよいので「宿題しなさい」とひとことだけ言った場合の子の様子を観察してみると面白いです。通塾しているお子様なら塾から出ている宿題があるでしょうからそれを。塾なしのお子様なら、計算や漢字のようなルーチンが決まっているものがあるでしょうからそれを。程度の差はあれ「やらなきゃいけない」とどの子供もココロのうちうちで思っていることをやってもらいましょう。「宿題」のようなちょびっとだけ具体的な指示ではなく、「勉強しなさい」とだけ言ってみるともっと面白いです。

いずれにしても、しばらく見ていると受験勉強における多くの『チンタラ』『ムダ』がいくつか観察できるはずです。

無駄その1<そもそも編> とりかかるまでに時間がかかる

机に座って、ハイ、スタートってはじまってましたか?三菜はまず机には座るのですが、

・引き出しを開けて、鉛筆を削ってみる
・ペンをそろえてみる
・爪をみたり髪をいじったりする
・ケータイのメールを見てみる
・そばに置いてあった本をペラペラめくって眺めている

…などして目的の基礎トレにたどり着くまでに5分~10分ほどかかっていたと思います。

こみる心の声
こみる心の声

心の準備が必要なのかな

お恥ずかしながら中学生になった今でも、机に座って勉強にいそしんでいるのかと思いきやスマホを見ていた…なんてことも多々あります。(今は中学受験とは異なりますので特にアレコレ言わないようにしています)

心の準備が整ったところで、おもむろに本棚を眺めます。

・えっと基礎トレは漢字と計算があったな。あ、学校の宿題もあったな。
・どれから先にやろうかな。何からやろうかな~
…としばし思考タイム

ようやく基礎トレの計算問題集を手に取ります。
1日分のプリントを用意する方式に辿りつくきっかけとなったのがこの分析話になりますので、この時はまだ問題集をそのまま勉強に使っています

無駄その2<実施編> やる場所をさがす時間、解く時間、答えを探す時間…がもたつく

決めた!計算からやろうっと。

・今日はどのページをやるのかなー。ぺらぺらとページをめくって…行き過ぎて…また戻って…あ、ここか。
・さてやろう。<机から問題集がパカパカ浮く(問題集の開き折りが甘い)ので>上から開いた真ん中をギュッギュと押して…
では解きましょう。
・(特に急かされてないので)のんびり解くこと15分…
・途中で飲み物を飲んだり、足の爪をいじったり、違うことをしていることも時々
・場合によっては問題集の隅っこにイラストが描いてあったり。「8」の数字の○の部分が黒く塗りつぶされていたり。
ようやく解き終わったー。さてマル付けしよう。
・答えのページはどこかなー…ええとP50の問題だから…あ、ここか。
・<答えが分冊になっていない場合>答えのページを見る→手で押さえたまま問題に戻りマル付ける→答えのページを見る→時々間違い直し→答えのページを見る→(以降繰り返し)

無駄その3<気持ち編> 終わりが見えない・遠くてダラける、スピードが鈍る

計算は終わったー(この時点で20~30分かかっています)

・えっと次は何しようかな~。漢字にしようかな、学校の宿題にしようかな。
・学校の宿題にしようかな(ランドセルをあけて宿題を取り出す)
・あ、ついでに明日の準備しておこう
・あー、計算と漢字以外にもどうせ勉強あるんだよなー。どのくらいあるのかなー
・なんか疲れたな、少し一休みしよう(次の課題になかなか取り組まない)

子は勉強しているのに親にはそう見えない不思議

どうでしょう?

ウチの子はここまヒドくない!…かもしれませんが、少なからず親から見ると、ちんたらというか、余計な動き・時間って無いですか?

問題をとく・暗記をする・考える・ああそうかと気づく…などといった「勉強の本質」以外にかかってる時間だけを切り出してみると、子自身が『勉強だ』と思っている時間のひょっとしたら半分くらいからもしれません。

こみる心の声
こみる心の声

子は1時間も勉強したー!と思っていても、本質的なところを切り出すと、正味30分の勉強量だったりしてね…

しかし、子にとってはこれらも含め、すべて「勉強時間」にカウントになります。

だから『自分はすごく勉強した』んだけど「親が思ってたほどは」終わっていない。そして「なんで勉強しないの」なんて親に怒られてしまったり。

そうすると子は、「だってこんなにやったのに」と不貞腐れる。

「こんなに時間があったのに終わらないはずはない」「でも一生懸命やった」みたいな堂々巡りとかね。怠けていることもあるんでしょうが、どうやらそれだけでもなさそうです。

ということは、『ちんたら』『ムダ』がなければ親と子の「勉強している」「勉強していない」についての認識の差はなくなるかも????

 

「勉強した」の定義が親子で共通(近く)になれば、

やっていない・終わっていない事態→怠けてたよねあんた?→はいそのとおりです/もしくは特殊事情の説明

…となりましょうから、上のような堂々巡りの無用なバトルもしなくてよさそうです。

尚、「基礎トレしなさい」「宿題しなさい」のようにある程度決まった内容についてもこんな具合ですから、「勉強しなさい」とだけ言い放った場合はもっと恐ろしい無駄が発見できそうです。


次回は②実践編として、三菜の学習で実施したたムダ排除の事例のご紹介と、受験を終わっての振り返りをエントリーいたします♪

②実践編はこちら↓↓↓

中学受験、共働きあるある「家で勉強しない」を攻略②<実践編:ちんたら・ムダを取り除く>
子の「ちんんたら」「ムダ」を徹底的に排除して、限られた時間を効率的に使う方法を三菜の塾なし中学受験で実践した内容を交えてお伝えします。

関連:6年生、夏期講習は受ける?受けない?中堅中学受験生の夏休みの過ごし方はこちら↓↓↓

6年生、夏期講習は受ける?受けない? 中堅中学受験生の夏休みの過ごし方
決してお安くはない費用の夏期講習。はたして我が子は受けるべきか、受けないべきか。子の習熟度はそれぞれ、得意・不得意の単元もそれぞれ、だからこそ通塾夏期講習一択の選択肢は正しいのかどうか、お値段以上の価値を我が子は享受できるのか?一度立ち止まって考えてみることをおすすめします。

にほんブログ村 受験ブログへ ハイブリッド型中学受験のすゝめ - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました