【中堅校の塾なし中学受験】女子は生理のコントロールも選択肢のひとつ

スポンサーリンク
中学受験よもやま話
おなかいたい

中学受験において「男子っていいよな」と思ったことのひとつは「生理がないこと」。
本日は、中学受験を目指す女子にとっては悩みの種である「生理」についてのエントリー。

と、その前に。

女子の中学受験にとっては、非常に大事なことだと思っているのでkomiruは書いておりますが、本記事は「生理、生理」と連呼してます。日本はまだまだこういう話を忌み嫌う方が一定数おられるようで「あら、そういうことをあからさまに、嫌ねぇ~」と眉をしかめてしまいそうな方は、そっと他記事にご移動くださいませ。
スポンサーリンク

三菜は生理が来ると大変なタイプでした

中学受験の年齢前後の女子と言えば、初潮がおとずれる子も珍しくないと思います。
三菜も5年生で、わーい!…と、お赤飯を炊きました。
しかも、はじめから意外と順調に毎月毎月やってくる、という順調なすべりだし。
それはそれでおめでたいことだったのですが…。

痛いやらだるいやら

三菜は、生理に伴う「痛み」「だるさ」が結構重い方でした。
生理が順調=毎月毎月、痛みとだるさに苦しむということです。
痛みは我慢しない方が良いと聞いたこともあるので、すかさず市販の痛み止めを飲んでみたり、カイロをおなかに貼ってみたり、少し運動してみたり、とかいろいろ試してはみたんですが劇的に改善することはなく、酷い時は1日寝こんだりすることもありました。

下痢まで併発

また、「痛み」と「だるさ」もさることながら、もう一つ三菜を苦しませたのが「下痢」の併発。
自分もその傾向があるのですが「生理で下腹部が痛い→痛みが全体に広がる→おなかが痛い→下痢」になってしまうんです。臓器っておなかの中で似たような場所にあるからなんですかね?

 

生理で痛いのやら下痢で痛いのやら、もはや分かりません。
こうなってしまうと、大好きなゲームもせずに寝込みます。

こみる心の声
こみる心の声

当然、勉強どころではありません

 

生理が来る直前も、実は大問題

生理が来てからの不調も問題だったのですが、生理が来る3日くらい前~前日あたりも実は問題でした。これまたこみるも同じ傾向があるのでめちゃくちゃ分かるのですが

「病的に、眠い」。

あんた、ふざけてんの?…と怒りたくなるくらい眠くなります。3日前あたり~生理2日目くらまで「眠い」「痛い」「だるい」「下痢」…とこんな感じですと、勉強がまぁ、進まないこと、進まないこと。

こみる心の声
こみる心の声

毎月毎月では、困るわね…

 

順調だった生理が突然ストップ

困りつつも、日々の忙しさに翻弄されながら月日が経ちまして、とある日ふと

「あれ?三菜、最近、痛いって言わないな」

…と気づきました。
そう、生理がいつの間にか止まっていたのです。

こみる心の声
こみる心の声

三菜なりのストレス!?

痛い、だるい、眠いのもマズい。
けど、これもマズいですわよ!奥様!

 

婦人科にいってみましたよ

ということで、6年・夏位だったでしょうか。
近所の婦人科へ。

 

試験日から逆算し、薬でコントロールしてみることに

・順調だった生理がこなくなったこと
・生理になると大変であること
・入試の時に生理があたると困るのであたらないようにしたいこと
…を伝え、みてもらいました。

結果、「薬でコントロールしたほうが、体の負担が少なくすむでしょう」という結論になりました。

「入試はいつ?…この期間あたらなければいいのね。そうすると…」
と、先生は逆算をはじめ…

まずは生理をおこす薬を飲む
→生理が来たら、先生からの指示によりコントロールする薬を開始する
→指定クール飲む
→薬お休み
→先生の指示によりコントロールする薬を再開
→指定クール飲む
(以下繰返し)

…と指示に従って飲むことにより入試前後に生理があたらないようにできるとのこと。ちなみに薬お休みの間に出血があることがあるけれど生理よりもかなり軽いらしい。

薬を飲んでコントロールすることについて、何となく不安があったのですが、
・現在は(重い症状があるのに)必ずしも毎月生理がくることが良い状態ではないとされている
・薬をやめれば生理はくること
・基本的に重篤な副作用などは報告がされていない
・いくつか薬の種類があるので、あわなかったら別の薬を試してみましょう
などなど丁寧な説明がありました。

服用開始してみた/その後

生理を起こす薬を飲んだら、先生が「このあたりに生理来ると思うよ」と仰った期間にドンピシャと生理がおとずれ、めでたく生理再開。

その後コントロールする薬を飲み始めて最初の1週間くらいは、「なんだか気持ち悪いかも」と言っていた三菜。我慢できるようだったら飲み続けてとのことだったのでそのまま飲んでいたら、その後数日で気持ち悪さも消滅し、特に問題なく過ごせました。

薬のお休みの間は生理らしき出血がありましたが「全く痛くない」と。
前後の眠気もどこへやら。

こみる心の声
こみる心の声

もっと早く相談してれば、痛みから解放されてたのに

これはいい!…いうことでそのまま先生の指示に従って飲み続け「生理来るかも、おなか痛くなるかも」と心配することなく入試当日を迎えることができました。

入試が終わって、その後も何クールか飲み続けていたのですが、あるときからうっかり薬を飲むのを失念したところ、先生の言っていた「少しの出血らしきもの」ではなく「本気の生理」が来訪。

 

これは久々に痛いぞーと観念していたのですが、不思議なことに「痛くない」と。
あら、薬やめたてだから痛みもないのかしら?…と思ったのですが、次に訪れた生理も「痛くない」と。あらら、薬を飲んだことによって、生理の時の困りごとが解消?

理由はわからないのですが、薬は服用せず、生理も順調、痛いなどの困りごとなし、で現在に至ります。生理の前はいつもより少々眠いですがね。

こみる心の声
こみる心の声

そんなことってある?…今度診察に行ったとき聞いてみよう

 

相談は余裕をもって

三菜は入試当日の約半年前に婦人科の門をたたいて相談し、入試当日は生理に悩まされることなく万全の体調で迎えることが出来たのですが、もしコントロールする薬を変える必要があったなら、もう少し軌道に乗るまでに時間がかかったかもしれません。

なので、女子の中学受験生で「当日生理があたってしまったら…」と心配でコントロールを検討される場合は、なるべく早めに婦人科へ相談されることをオススメいたします!

こみる 心の声
こみる 心の声

何事も準備は、早めが吉!

コメント

タイトルとURLをコピーしました