【中堅校の塾なし中学受験】模試の「判定・合格可能性」で、合格の可能性を考えなくてもいいんじゃないかと思った話

スポンサーリンク
中学受験よもやま話
えー!?合格可能性30%??
スポンサーリンク

前回は組分けテストや週テストを受けたときの「偏差値」の扱いについてエントリーしました。
今回はテスト結果で表示される「合格可能性」なるものの扱いについて、塾なし中学受験を終えたこみるの所感を書き綴りたいと思います。

5年の後半~6年になり、合不合判定テストや首都圏模試(統一合判)などの模試を受けると表示される「合格可能性」。これがDやE、30%未満なんて出た暁には、つい母の涙もこぼれましょう。

ですが「偏差値」同様、中堅校を目指す塾なし中学受験生の母は、ここでも血圧を上げたり下げたりする必要はないのです。本人にとっての合格可能性は別の尺度で計る必要があります。

こみる心の声
こみる心の声

冷静に参りましょう

…とか何とか偉そうなことを言いましたが、本ブログ、全くもって分析などというものからは程遠い。〇万分の1のケースを経験しただけの素人マザーの感覚値として読んでいただければ幸いでございます。

 

そもそも模試の「合格可能性」って何さ

これについては数多のブログが微に入り細に入り話をされてますのでアレコレ申しませんが、

・合格可能性80%とは、模試で「合格可能性80%」の判定を貰った“受験生達”が、その志望校を受験したら、10人に8人の割合で合格する。
・「合格可能性80%」の判定を貰った特定のAさんが合格できる確率を意味するわけではない。

わからない人は他のブログで詳細に解説されている記事を読んでください。

実際、三菜の受験終了後、四谷大塚の進学くらぶからは受験結果の報告用紙が送られてきましたし、首都圏模試センターからは「差し支えなければ…」と丁寧な電話があり、どこの学校の何回目を受けて結果がどうだったかを詳細に聞かれました。こういった受験の顛末はその子の模試の成績と共に各塾や模試センターのデータベースとなり、翌年以降の合格可能性を導き出すのに使われるのでしょう。

模試の中身をよくよくみてみましょう

まずは、恥を忍んで、三菜の模試をさらします。

世の中にある受験ブログやSNSの多くが、偏差値60だ目指せ御三家だ…の話が多い中、だいたいゆるりと中堅校を目指すなんてことを発信していること自体がニッチであろうことは承知しております。

が、ひょっとすると三菜のような子については、情報が少なくてさみしいんじゃね?…と勝手に思ったりもして。本ブログでは〇万分の1の三菜の事例をあれこれ晒しているわけですが、その一環で、三菜さまの5年の中盤~6年生の統一合判における2月志望校のひとつの判定結果を晒します。

・合格可能性80%をたたき出したのが最初の1度。
・合格可能性50%と出たのは最後の1度。
・合格可能性30%を出したのが真ん中の1度。
あとは見事なまでに30%未満である△のオンパレード。

ちなみになぜか1月の志望校のほうがシブい結果で、1度30%を出しましたが、あとは美しく△が並んでおりました。

こみる心の声
こみる心の声

よく受けようと思ったね

こんなチンケな成績にもかかわらず、図々しくもそれらの学校を受けようと思った理由は以下の通りです。

首都圏模試(統一合判)の30%未満「△」の子の成績はピンキリじゃね?

※しつこいようですが、中堅校の話ですよ。

合格可能性の欄につく「△」の印。合格可能性30%の最低点に及んでいなければ全て△がつきます。合格可能性が30%となるために80点が必要であったとすると、素点が79点であっても素点が10点であってもどちらも「△」がつきます。

ちなみに、首都圏模試の成績表は

「30%合格まであと〇点」
「50%合格まであと〇点」
「80%合格まであと〇点」

…と、素点であといくらとればよいのかが書いてあります。

で、三菜の志望校判定は△オンパレードなのですが、「30%合格まであと2点」とか「あと5点」なんていうことが非常に多かった。

ということは「判定不能の△」ではあるが、限りなく「合格可能性30%」に近いのだろうと思いました。

30%と50%、50%と80%の差は素点でそんなに大きくない

さらに三菜が50%合格に達するまでに必要な素点は「あと16点」「あと20点」なんて書いてあることが多かった。

20点ということは算数だけならあと4問。他教科も併せれば、各教科1~2問ずつ取れれば、あーら不思議。そんな違いでいきなり50%合格ラインにのってしまうのです。

これは受験校のレベルや、各年の傾向などもありましょうから必ずそうだとは言えませんが、少なくとも三菜のケースにおいては、「△」でも「50%合格」でも大差はないじゃないか、という感触をもちました。

志望者分布をみると、みんな大してとれてません

これ、首都圏模試(統一合判)だと、「志望者の中での順位」しか表示されないので、志望した〇人中〇番としかわからないのですが、四谷の合不合だとその模試でその学校を志望校とした「志望者の分布」がわかります。

 

この志望者分布表はかなり面白いです。

 

例えば、中堅校の例として試しにY80偏差値55の学校の志望者分布を見ますと、勿論突き抜けるような点数のところに数名分布していたりするのですが、これはレアケースとして一旦置いておきまして、55におよそ満たない子も割と数多くいるのが分布でわかります。

こみる心の声
こみる心の声

お前もだよ

偏差値がそこまで届いていないのに、おこがましくもその学校を受けようとしている子は、自分の子だけではないようでした。

 

しつこいですが、三菜が受けたような中堅校の話です。上位難関は知りません。

 

4科受験の学校も2科でしか判定されない

未だに不思議なのですが、首都圏模試(統一合判)も四谷の合不合も、三菜の志望校は「国語+算数」の2教科でしか判定してくれなくてのこの結果、というのも考慮しました。

こみる 心の声
こみる心の声

おいおい!

三菜の国語は壊滅的なのに、国語の成績、超重要やんけ??

三菜の志望校は国・算の2科と、国・算・理・社の4科と好きな方を選んで受験できました。
従って、国語が壊滅的な三菜は実際の入試では迷わず4科受験を選択するわけですが、模試ではメタメタの国語がガツンと評価されてしまうのです。

当時、首都圏模試センターに理由を問い合わせたのですが「4科の教科による判定はやってないんですよーの一点張りで詳しい理由は不明です。

 

酷語女王三菜は、乱高下する国語の一方で理・社については、模試全体を通して一定の素点と偏差値をおさめていました。

入試で点数をとるためには、国語の5点でも社会の5点でも一緒。つまりどの教科でもよく、合計点で競われるわけですから、国・算の2科で「△」であっても、実際の合格可能性は△以上だろうとふんだというのもあります。

なんだか中堅校の過去問とはだいぶ雰囲気違いやしませんか??

志望する学校の過去問。中堅校を目指す組の方は、早いうちに「親が」是非中身をご覧になってください。それで模試との

・総問題数
・問題の難易度
・文章の難易度
・問い方

などを比較してみると良いと思います。

 

試験の時間に対して、どの位の長さでどの位の難易度の文章を読ませているか。国語ならば記述が多いのか、抜き出しが多いのか。選択式の選択肢の難易度。社会なら長い文章を読ませて答えさせるタイプなのか。一問一答や正誤問題が占める割合、など。

 

どうでしょう??志望校の過去問は、受けていらっしゃる模試と同じようなボリューム・設問の構成・難易度でしょうか?

 

中堅校目指す組は、特に合不合受けられている方は要注意だと思います。

 

特に国語。塾なしにしてから三菜は首都圏模試を受けており、合不合は進学くらぶを受けていると自動的に届くのでkomiruが眺めているだけでしたが、あまりにも過去問と体裁が違います。

上位難関校目指す組のお子様であれば、実際に受ける試験とも分量・難易度ともにきっと近く、腕試しにもなりましょうが、あんなに長くて難しい文章、そして問題の分量、三菜の受けた学校の過去問では見たことがありません。また、問われている量やそもそもの文章量が違えば、時間配分だってまるで違ってしまい、練習にもならない。

 

誤解を恐れずに言えば、できなくていい問題を解くのに1日の半分を費やしてるんじゃ??と思えたり。模試は受験生全体の相対的位置関係を見るものとはいえ、どうしてこんなに実際に受ける試験と違う模試で立ち位置を把握しないといけないのでしょう??

もう、ここでの出来不出来はそんなに気にしなくていいんじゃない??

 

本当の合格可能性はどこで見ようかしら

学校が「合格を出します」と言ってる指標に届いていれば、合格でしょ

そんなわけで、中堅校の中学受験の場合、合格可能性は「その学校を受験する努力を今後もし続けることが無駄なのか、そうでないのか」くらいを親がざっくりみるのに使えばよく、30%や50%や△で「受かりそうにないわ」と泣いたり怒ったり溜息ついたりするものでは無さそうです。

 

こみる 心の声
こみる心の声

「合格可能性」って言葉を使うこと自体がよくないのではないかとすら思っちゃう

では合格可能性があるかどうかをハッキリ知るにはどうしたらよいのでしょう?

 

それはズバリ「過去問で合格最低点がとれているかどうか」ではないでしょうか。
これは身をもってそう思ったので断言。

 

中堅校のなかには入試説明会で「全体の60%が取れていれば合格を出します」などと教えてくれる学校もありますので、その場合は勿論その指標が取れてるかどうか。

 

模試の合格可能性なんざ、(特に志望校とタイプの違いすぎる模試の場合は)「その学校を受験する努力を今後もし続けることが無駄なのか、そうでないのか」くらいを親がざっくりみる程度にしか使えませんが、こちらの指標は絶対です。

 

だって、このテストでこの点以上をとったら学校は合格を出しました、と書いてあるんです。
いくら模試で30%だ、△だ、DだのEだとミソクソに言われようと、その点数さえクリアしてれば合格なのです。こんなにハッキリわかる指標が他にあるでしょうか。

 

中堅校の過去問は数年分しかない。やらせる時期は子によるので要検討

じゃあ、過去問ね!と思った6年前期の皆様。

まず、中堅校の過去問の年数は数年分しかないものが多いことには留意されてください。上位難関校だと「過去問の過去問」なんてものがあるやに聞きますが、そんなもの市販されていません。なお、メルカリで過年度の過去問を入手して10年分近く揃えてみたりしましたが、中には傾向がやや変わっている学校もありました。

過去問が数年分しかないなら、満を持して取り組みたいというもの。無駄に使うのは避けるべきだと思いました。

我が家の場合、6年秋のまだ大した演習量をこなしてもいない飲み込み悪め組三菜に、ホイと第一志望校の過去問をやらせるのは要注意だとkomiruは思いました。三菜の場合6年秋のタイミングで解いたとしても恐らく惨敗で、やる気レスに拍車をかけることが容易に想像がついたから。

かといって、冬の本番も差し迫ったところで初めて過去問をやらせてみた結果、どうあがいても合格最低点に届きそうにないなんて事態は避けねばなりません。

こみる心の声
こみる心の声

いつならいいの

やらせる時期は子による人によると思います。

三菜の場合、持ち偏差値マイナス10〜の志望校は11月頃、持ち偏差値かそれ以上の志望校は12月〜1月に実施。

 

 

こみる心の声
こみる心の声

遅くね?そして、「子によるとか」歯切れ悪くね?

歯切れが悪くて何なのという感じですが、夏が終わった時点での子の完成度など、皆揃いも揃って均一なわけあろうはずもありません。違って当然だと思うのです。大体の目安の時期というならわかりますが、いっせーのーせ!でやる方がおかしいでしょ??

特に塾なしの場合、過去問というとりあえずのゴールを見据え、我が子のレベルを把握し、子がどのあたりまで勉強してから与えれば過去問演習として機能するか、時期はどうなのかなどの判断は、塾のセンセはしてくれませんから、親が一手に担う必要があると思います。

塾なし中学受験をめざすなら、子が頑張る以上に親もここは特に頑張った方がいいと思います。

塾なし中学受験にもかかわらず、秋頃「どうやら世の中過去問の時期らしいよ?」と漫然と子に志望校の過去問を解かせてみて、「キャー!!うちの子が不得意な記述ばかり!!!!」「理科の計算多っ、やば!」なんていう、ゴールがわかってるのにやらなきゃいけない準備をしていない、みたいな「親の努力不足」的な展開は避けた方がいい。※しつこいですが、中堅校の塾なし中学受験の話で、難関校は知りません。

 

塾に通っている場合は、このあたり塾の先生がやってくれるのだと思いますが、どうなんでしょう?

 

1年チョイ通塾した感覚だけで無責任に発言しますと「問題数が多いのでスピードを意識してください」とか「問題文が長めの傾向なので、長い文章を読んで問いに答える時間配分を考えてください」とか「もう少し社会に力を入れた方がいいですね」とか、何となくの学校の問題の傾向は教えてくれそうな気がしますが、詳細に子の特性をみて、子の得意不得意や問題の解きっぷなどを踏まえて、アドバイスしくれてるのかは、謎。御三家上位校でしたらその子の傾向と出題傾向をにらめっこして、手取り足取りやってくださるのか。はたまたこの辺りになるとそもそも進学塾の仕事ではなく、個別指導塾や家庭教師との役割分担なのかもしれません。よくわからん。

 

ともあれ。

 

三菜は「模試」が言ってることから導きますと「ここは受けてはダメでしょう」となりそうな学校が志望校でしたが、過去問を実際にといてみますとこの先努力を続けたとしても箸にも棒にもかからないという状態ではないと判断。

 

合格最低点に届かないことも続きましたが、感触としては受験ギリギリまで対策をすればなんとか行けそうなレベル。解きすすめるうちに合格最低点にギリギリ届く!くらいにまでもっていったところで受験本番をむかえました。

こみる 心の声
こみる 心の声

結果はこちら。受験した中堅中学(Y80偏差値50-55位)に全て合格ですよ。

対策次第で、全勝できる

ほら、どうですか?勇気出ましたか?
三菜のような飲み込み悪目さんでも、対策次第で全勝です。

 

11月〜直前までは、過去問を解く→単元の穴を埋める問題演習をする→過去問を解く→単元の穴を埋める問題演習をする…の繰り返しです。特に頻出のタイプの問題は念入りに。

 

これに尽きます。

 

ただし、あまりにも取れない単元に力と時間を費やしてはいけないので、直前になってからは注力する単元の取捨選択も必要かと思います。この辺りの三菜の話はまた別エントリーしたいと思います。

 

あと、問題「量」が年によって全く違うということは基本ないので、解くスピードと時間配分をしっかり確認するのは非常に大事。

 

模試など、条件付きではありますが、△でもEでもよいのです。
だって、模試の問題の中にはその学校の問題は一つも含まれてないんですから。

 

がんばれ、受験生!!

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました