【中高一貫ライフ】通学の荷物が半端じゃなく重い話

中高一貫私立中ライフ

ご覧いただきありがとうございます。こみるです。

塾に通われるお子様をお持ちの親御さんであれば、心配になるあのリュックの重さ。
持ってみたことありますか?
二月の勝者・8巻でも、黒木先生が島津・父と会話する場面でこんなくだりがありましたね。

「一度、塾のお迎えにお父様がいらして、順さんのリュックを持ってあげてください。そこで一言…声をかけてあげてもらえますか?
『こんな重い荷物を毎日欠かさず背負って塾に通っていたんだな。』ーと。」
<二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (8) (ビッグコミックス)より>

三菜が一生懸命通塾していた頃は、まだ4年生。「塾に通ってるお姉さんな私ってステキ」くらいのノリですから重さも感じなかったでしょうが、通塾を続けていたとしたら、年次が上がるにつれ通塾の回数も増えたでしょうし、プレッシャーと共に感じる重さも変わったことでしょう。通塾していたとしても、塾に通うのは6年生まで。通塾が終わった暁には、「やったー!!!もうこんな荷物とはおさらば!」…といきたいところです。

実録:中堅中高一貫校に通う子のカバンの中身

さて、三菜の学校のスクールバックはリュックです。
これに入っているものを見ていきますよ。

何が入ってるでしょうか?

ひとつひとつ見てまいります。
・教科書や問題集やノートなどの授業に関連する書籍
・ペンケース(女子だけにそれなりにペンとか入っていて、デカめ)
・お弁当*夏場なので保冷材でパック
・水筒
・体操着
・待ち時間に読む文庫本
・メモ帳
・(時々) メンテナンス用に持ち帰りした部活グッズ
・スマホ
・定期
・女子的身だしなみグッズ(ハンカチ・ティッシュ・リップ・汗拭きシートその他諸々)
・時に折り畳み傘
箇条書きにすると大した量が入ってないように見えますが、「授業に関する書籍」は相当重い。
大体毎日、4~5教科分の教科書・ノート、問題集、資料集などが入っているので、ずっしり感はハンパありません。
そして、実は「水筒」も曲者です。
通常三菜の学校では学校の各所に水飲み場(水道含む)があるのですが、コロナの感染予防のため学校の水は飲んではならん、よって各自水筒を持ってきなさいとなっていて、毎日1Lの水筒に水を満タンに入れて持ち歩いているのですよ。重っ。

さて、何キロあるでしょうか?

さて、これを体重計にのせて量ってみますよ。
ああ、「はかる」。
「はかる」と言えば、「測る」か、「計る」か、「図る」か、「量る」か。
図るは図形の図大きさの時だっけなとか、数は計算もできるし測定もできるけどどっちだ?…などと独自の理論により混乱し、苦労した記憶…
さて、何キロ?
じゃじゃーん。
8キロ強。
驚き、モモノキ。

この重さをどのくらいの時間持ち続けるのか?

通学に実際どのくらいの時間かかるのかー三菜のケースー

三菜は電車通学です。
自宅から最寄りの駅の改札までは、チンタラ歩いて大体15分くらい。
そこから電車を乗り継ぎますが、待ち時間等含め大体35分くらい。
電車を降りてからはすぐなので約1時間弱を移動に使います。
ここからは三菜特有の事情なのですが、電車で隣の人に触れるのが(特に夏は)いやなんだそうで、電車がものすごくすいているなどの事情がない限り、座席にすわらず立っています。
そして、荷物を下ろして床に置くのは「汚いから絶対に嫌」だそうで、ずっと背負っているんだそうです。
ということは。
この約8キロの荷物を毎日2時間は背負っていることに。
こみる心の声
こみる心の声

今後6年間、重たい荷物がお供なのね

あれこれ工夫してみたけれど

コロナによるオンライン授業が終わって実際に学校に通うようになってから、重くてあまりにも毎日ブーブー文句を言うので、資料集など普段滅多に使わない教材は基本的に学校に置いてくるとか、教科書やノートなども宿題に関わるモノ以外は学校に置いてくるとか、工夫させるようにしました。
ところが今度は、
・宿題があるときに必要な資料集などを忘れてきてしまう
・宿題がない日には全部おいてくると家で復習しようと思ってもできない
…という問題が。
こみる心の声
こみる心の声

なんだ、三菜、だらしないな

まぁ、学校生活がこなれてきて、だんだんこの辺の塩梅もわかってくるのでそのうち大丈夫になるんだとは思いますが、結局今のところ、数学・英語の主要教科の教材と各教科のノートは毎度持ち帰ることに。
だから結局今のところ5.5キロチョイくらい。小さい米袋1つ分を毎日2時間持って立つ、歩く、階段のぼる。まぁまぁ大変ですよ。

通学にかかる時間や電車の混み具合=重い荷物をどれだけ運ぶ可能性があるのかということ

こみるは、中学も高校も田舎でチャリ通でした。
通学カバンは自転車の荷台にくくりつけて運ぶものであり、通塾時の荷物の重さは感じたこともありませんでした。
なので、学校選びの際に通学にかかる時間や電車の混み具合を調べはしましたが、「単に時間がかかるかどうか」「単にぎゅうぎゅうで通う羽目にならないかどうか」を調べていただけで、「学校までの時間がかかる=重い荷物を長時間持ち運ぶことになる」「通学に使う電車が混む=座ることができず重い荷物を持つ時間が増える」という視点が抜け落ちていました。単にこみるの発想力不足ともいえましょう。
我が家の場合、三菜は割と体格もよいほうだし、志望した学校はいずれも劇的に遠いというわけではなかったので、重いとブーブー文句を言うくらいの話で済んでよかったのかもしれません。
もし志望校が「ちょいと遠すぎるかもなー」とか「うちの子体力無いんだよな~」と思われる方は、単に時間がかかるかどうかだけでなく中高一貫に入学したあともずっと、こんな重さの荷物を数時間持ったり背負ったりして歩く可能性があるかもしれないんだということは頭の片隅に入れておいてほしいなーと思います。
三菜は女子中学生のくせに相変わらず脱いだ靴下が洗濯カゴに入っていなかったり、スカートをセミの抜け殻のように脱いでいたり、つい小言を言いたくなることが多いのですが、二月の勝者・黒木先生のセリフを思い出して、時々「いやー、重いの持って毎日頑張ってるね」と声をかけてあげたいと思います。
にほんブaログ村 受験ブログへ ハイブリッド型中学受験のすゝめ - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました