【中学受験】入試当日の待ち時間、何をする?ココロを鎮めたいときは視界も音もシャットアウト!

スポンサーリンク
6年生
気もそぞろ

東京の入試本番まで間もなくですね。

「うちは学校が近いので、ひとりで行ったわ」なんてツワモノもいらっしゃるんでしょうが、大多数の方が学校まで送り届けるであろう、入試当日。
送り届けたあと、校内もしくは近場で終了を待つ方も多かろうと思います。

2021年はコロナ禍で三菜の受験当時とは状況が異なると思いますが…本日は、「親・こみるは入試当日、どこで何してた?」をお届けします。

 

スポンサーリンク

入試当日、待ち時間の親の心境たるやいかに

 

小心者こみるの待ち場所は、校内

 

当時、こみるは校内の開放スペースでじーっと待つことを選択しました。

 

こみる心の声
こみる心の声

だってさ。
ハプニングがおきてさ。
親が途中で呼び出されたときにいなくてさ。
その結果云々とか…(以下、妄想)

 

「お母さんがあの時現場にいさえすれば」みたいな事態がおきてしまったら、母はきっと、悔やんでも悔やみきれない。後々ボケてしまっても「あのときお母さんがいなくてゴメンよ…あのときお母さんが…」と繰り言を言ってそうで、考えただけで身の毛がよだちます。

 

また、三菜は2月1日、これが決まらなければ2月2日の両日ともに、午前・午後のダブルヘッダーすることに決めておりましたので、移動や昼ご飯の時間でロスりたくなく、なるべく現場で待ち構えていたかったという事情もありました。

 

待ってる時間は、ココロはザワザワ、気もそぞろ

 

話がぶっ飛びますが、こみるは生まれてこのかた「図書館」で勉強したことがありません。
何故かというと、「ココロがざわつくし周りが気になるから」です。

 

どうしてなのか自分でも分かりませんし、ざわつく理由を考えたこともありませんでしたが、ブログを書くにあたり何故なのかボンヤリ考えてみましたが…「不特定多数の人間がシーンと黙ってるくせに好き勝手に動いている状態」というのが気になるのかもしれません。

 

ちなみに不特定多数の人がいて人々が好き勝手に動いていても、ザワザワ音のしてる喫茶店等は全く気になりません。また、試験も全然大丈夫。不特定多数の人間がシーンと黙っていて、皆一様に同じ方向を向いて座り、下を向いて何かを書いています。

ところが図書館ときや。不特定多数の人間がシーンと黙っている…ここまでは試験と一緒なのですが、ある人は下を向いて何かを書いている。ある人は本を読んでいる。時に誰かがコソコソと喋る。ある時は誰かが席をたつ。ノビをしている人がいる。などなど。静かなくせに実に好き勝手に人々が動いています。

 

自分で書いていても「だからどうした」という感じですが、とにかく気になる。落ち着かない。

 

模試で学校説明会や講演などがない時の待ち時間も似たような雰囲気でしたので、子の入試本番の待ち時間というのはそれに近いと思いました。

 

こみる 心の声
こみる 心の声

まぁ、そういう特性があってもなくても、そもそも入試当日なんて、親はみんなソワソワするんじゃ?

 

 

そう、子の前、他人のではドンと構えているように見えてる親も、実は気もそぞろ。
ただでさえ図書館の環境にココロがざわついてしまうこみるなんて、そぞろ感、MAXです。

 

だいたい、入試当日を迎える前から、既にそぞろ状態。直前期に「私、もうダメかも」と弱気になる三菜に「大丈夫。お母さんが合格できると言ったら合格することになっているから合格するんだよ」などと強気に見えて訳の分からない発言をする始末。

 

PCを持ちこんで、仕事に没頭する…という手もありますが、小心者のこみるは、ザワザワしちゃって仕事なんてする気になれない予感がしました。

 

なので、前々から「この期間は何が何でも休みますからね!連絡してもらっても返事しないし!」と関係各所の調整をし、仕事はしないことにしました。このあたりの自由度は前職の企業勤め時を思うと考えにくかったので、この時ばかりは個人事業主でよかったと少し思いました。

 

視界も音もシャットアウトで別世界にエスケープ作戦

 

ともあれ。
そぞろ状態で1日、2日と待ってはココロも体も持ちませんから、入試の待ち時間は、別世界にエスケープすることにしました。

 

本を読んで本の世界に没頭するか…?
でも、本を読むだけでは図書館と同じで回りが気になります。
本を読むなら耳からの音も必要です。
でもできれば映像の方がよりエスケープしやすそう。

 

まずはFireHD10をゲット

 

別世界に飛び込むためのツールとしてAmazon FireHD10を新調。
もともとFireHD8を持っていたのですが、Amazon Kids(少し前までFree Timeという名称だったと思う)で子が端末を使いすぎて少々ボロになっていたので、ポチ。

 

 

FireHD10はAmazonプライム会員なら持っていて損はない1台です。

価格は10インチの大画面ながら、32GBの場合15,980円、64GBでも2万円を切るという圧倒的な安さ。しかも32GBもしくは64GBの容量がほぼコンテンツのためだけに使えます(スマホやipadはいくら大容量とはいっても実は他のアプリ等で意外と容量食ってますから…)。
Amazonでポチり、届いたらwifiの設定をしてAmazonにログインするだけでOKです。

 

そこに以下を仕込んで試験会場で待ちまくりましたよ。

 

見放題の「prime video」で、別世界へエスケープ。

 

ほぼ、これだけで過ごしました。

1度に最低でも15本はダウンロードできたはずなので、待ち時間が余って困るということは一切ありません。

ちなみにこみるは「24(ジャック・バウアーのほう)」「suits(ハーヴィーとマイクのほう)」「メンタリスト」などドラマをガツガツダウンロードして持ち込みました。

ナニコレ、今更そのタイトル?…というのはさておき、
視界も音も、ドラマの世界にどっぷり入り、全集中です。

 

「24」はテンポも早いし、イヤホンからの音が臨場感ハンパなく、あっという間に時が経ちました。おススメです。

今だと、「進撃の巨人」「鬼滅の刃」「約束のネバーランド」「呪術廻戦」「ハイキュー!」などなど話題のアニメも無料でプライム見放題に入ってる(2020.1.12現在)ので、この際、話題作を一気見!…もアリかもしれません。

 

こみるはプライム会員見放題のドラマばかりダウンロードして持ち込みましたが、レンタルの映画もダウンロード可。見逃してた映画をダウンロードしてじっくり見るのもよさそうです。

 

同じ端末を使い「本」+「音楽」で、別世界へ。

 

FireHD10はAmazonの映像コンテンツだけでなく、同じ端末で本や音楽も利用できちゃうのが良いところ。ドラマに飽きたら、同じ端末で、本+音楽の世界に切り替え、全集中です。

 

こみるはマンガと本が好きです。

でも紙媒体でガンガンマンガを買ったり、ガンガン本を買うと、本の置き場にも困ります。
なので、子にも読ませたい本以外は全てKindle本を買うようにしています。

自力で1冊1冊kindle本を買う以外の選択肢として、本や雑誌・マンガが読み放題の「Prime Reading」というプライム会員なら無料で使えるサービスがありますが、Prime Reading対象になっている本にはこみる的に読みたい本がそう多く無く。「Kindle Unlimited」いう月額980円で読み放題のプランにも入っています。
一度にダウンロードできる本は10冊までですが、交換すればunlimited対象の本であれば何冊でも読んでOK。

ちなみに30日無料なので興味のある方はどうぞ。

 

また、プライム会員であれば200万曲以上が無料で聴き放題の「prime music」も楽しめるのはご存知かと思います。ただ、200万曲ってなってますが「これ聞きたい」って曲を検索してみると、無料では聞けないものが多い印象。なので、こみるは月額780円の「Amazon music unlimited」を愛用しており、こちらからガンガン曲をダウンロードしておき、持ち込みました。

本を読みながらイヤホンで音楽を流していれば、試験会場であることも忘れ、そこはもう、別世界。

 

以上、こみるのエスケープ作戦でした。
本だけ持ってくのも良いですが、ザワザワしちゃう方は、是非。

 

番外編:モバイルバッテリーもあると安心

 

こみるは3.11の後「スマホがないことにはどうにもならない」と思い至り、以来、Ankerのモバイルバッテリーを所持しています。
上記エスケープ作戦で使うFireHD10は、フル充電で挑めば1日くらいの全集中で使う分には問題ありませんが、スマホが1日持たない、ワイヤレスイヤホンが一日持たない…ということもありますので受験のおともで持っていきました。こみるが持っているものは既に販売されてませんが、こんな感じのやつです。4台同時給電可。ずっしり重いですが、慌てるよりは、よいかな、と。

ヘビー過ぎない?…という方はもう少しライトなものも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました