【中堅校の中学受験】四谷大塚通塾時の算数ノートの工夫

スポンサーリンク
科目別
四谷大塚・算数授業ノートの工夫
スポンサーリンク

ご覧いただきありがとうございます、こみるです。
本日は三菜が四谷大塚に通っていた際のノートの工夫についてのエントリーです。

 

式と答えだけのノートでは、「どんな問題ができなかったか」わからない

 

三菜は5年の頭に塾なしでの中学受験勉強に切り替えておりますが、四谷大塚に通っていた頃(こみるが)困っていたのは、その週の単元の問題のうち、どのタイプの問題が(どんな風に)できなかったのか、ノートを見ただけでは瞬時にわからないことでした。

 

こみる心の声
こみる心の声

 

それもあります。寝られると、どの問題を授業で扱ったのかすら把握できませんからね。

 

ですが、寝ていなかったとしても、やり方と答えが書いてあるだけだと、見直しのときに…?となりませんか?

 

ちなみに、式と答えを書いただけのノートってこんな感じです。(見えないかもしれない…)

 

式と答えだけの三菜のノート

 

これを使って子が復習すると、どうなるでしょうか。

 

まずノートを開いて、ページと問題番号を確認して、予習シリーズを開いて、問題をみて、ノートを見て…と頭は左右に動く、手もたくさん動く。なんなら別のページに解きなおしたりするでしょううから、ノートのページをめくって授業で板書したところを見て…なんてやったりもするでしょう。

 

なにこれ、疲れちゃう。
こういう時間、ムダです。

 

通塾時に持たせていたノート公開。

 

そこで、四谷大塚通塾時は、ある時からこんなノートを持たせていました。

問題もわかる三菜の通塾ノート。

 

その週の予習シリーズの問題(例題・類題・基本問題・練習問題)をコピーして、式や解答を書くスペースをあけてノートにペタペタとはっていくだけ。そして子は空いたスペースに授業の内容を書いてきます。

 

寝てしまっても、文字らしきものが書いてあったり、問題番号にマルがついてたりしたら、「ああ、やるべきところだったのね」とわかる。

やらない問題が宿題になったら、そのスペースに解けばよろしい。

一度やった問題を復習をする際は、ノートの解答スペースのあたりに上にルーズリーフや失敗したコピーの裏紙をのせて解きなおし。紙をどければマル付けもできます。

 

よく考えてみれば、週テストや模試だって、大体こんな形式ですよね。実際の試験で、別冊の問題見て別冊の紙に書くとかみたことないし。だから理にかなってると思うんだよなー。

塾によりノートの使い方の掟があるやもしれませんが、三菜の塾の場合、この状態で何度も提出しましたが、特に何も言われませんでした。

 

こみる 心の声
こみる 心の声

ねぇ。こういうのを過保護っていうんじゃないの?

 

こみる家は中学受験だけでない小学校ライフ、部活も睡眠もあきらめない かつ結果を出す中学受験を選択しました。そのためには、効率的に物事をすすめないと時間が足りないのです。過保護上等。実際、やりたいことやって志望校に合格してますから、うちの場合は、それでよかったのです。

 

正しかったことが立証された!?…体系数学の完成ノートもこの形だった

 

現在三菜が通う中学で採用している体系数学の教材をみて、この方法は間違いではなかったと思いました。

 

体系数学の教材は①教科書②問題集③完成ノートという3種類があり、三菜の学校では①の教科書を使って授業をし、その範囲について②の問題集が宿題として出ます。

 

ですがその宿題、大学ノートに式や答えを書かないのですよ。③の「完成ノート」を使うのです。

 

③の「完成ノート」というのは一体何かといいますと、②の問題集の問題が書いてあり、その下に余白があって、子は余白に式や答えを書くという……というまさにこみるが作っていたようなノートなのです!

 

↓ こんな感じ

体系数学の完成ノート

 

もう、確信に変わりました。あのノートは、絶対良かった。

 

四谷大塚も数研出版の真似して「予習シリーズ完成ノート」とか作ればいいんじゃないでしょうか。「予習シリーズ完成ノート」に使用する紙は、予習シリーズみたいな、ツルツルしてない紙がいいと思いますよ。鉛筆で書きにくいですから。どうでしょう?このアイディア?

 

ところで、②問題集っていらないんじゃない?…という疑問がわきますが、「完成ノート」には「解答」がないんですね。厳密には、解答はあるのですが、ホントに答えのみ、なので多少解説が入っている②問題集の解答を使います。

 

こみる 心の声
こみる 心の声

ちなみに解答は「別冊」です。

 

ビバ!数研出版!

 

ムダの排除の話

コメント

タイトルとURLをコピーしました