大手中学受験塾 vs 塾なし中学受験…を考えたときに読んでみたい本①

中学受験よもやま話
大手進学塾か塾なしか

ご覧いただきありがとうございます。管理人のこみるです。

こみる 心の声
こみる 心の声

通塾 vs 塾なしって、答えの出ない永遠のテーマってヤツ?

このテーマにまつわる2冊の本を「①前編」「②後編」でご紹介した後、受験ライフを終えた管理人こみるの所感も交えて、この答えの出ないテーマについて考察してまいりたいと思います。

中学受験に足を踏み入れたばかり or ちょっと検討してみようかしらという方はもとより、既にどっぷり中学受験生活に漬かってしまっている方にも、一度自分達の立ち位置を振り返るという意味で「フラット」な気持ちでお読みいただきたい2冊です。

まずは1冊目の「前編」まいります。

進学塾不要論」はタイトルまんまの主張をする1冊。Amazonの書籍紹介のところにはこのように書いてあります。

<進学塾に通った子どもの九割は悪影響を受けている! >
中学受験熱が高まるなか、大手の難関校受験対策を売り物にした塾に通うことによって、多くの子どもが「勉強ができなくなる」「伸びる可能性をつぶしてしまう」「精神を病む」「人間形成を阻害される」など、さまざまな悪影響を受けています。学校の勉強ができていなくても、進学塾に通わせれば難関校に合格できるというのはまったくの幻想です。(Amazon書籍紹介ページより引用)

こみる心の声
こみる心の声

随分とセンセーショナルな書きっぷりやね

出版時期が少し古め+やや家父長制的な思想の話もあり、「…?」の部分は否めませんが、

・中学受験塾は子供の発達状況を考慮せず、受験用の問題をガンガン詰め込むところだ
・受験に勝つ=競争で落ちずにいるために子に過酷な努力を強いるのが中学受験塾
・中学受験塾は営利企業である

詳しくは手に取ってお読みいただきたいのですが、このあたりがおおむね著者の主張になろうかと思います。

共感できる部分も多々ありつつ、受験という選択をした以上他人との競争にはどうしてもなるわけで、転げ落ちないよう他人のことも意識をしつつ努力をするのは、大手中学受験塾に通っていても塾なしであっても同じであるような気は致します。

管理人こみる自身もよく三菜に対して「勉強は自分との競争だよ。昨日の三菜より今日の三菜のほうがレベルアップした、それが重要。」なんていいつつ、実際の模試となれば他人との比較による立ち位置=偏差値は意識していたり、直前期には「同じ試験を受けてる子の中で1点でも2点でも多く取ったほうが勝ちだ」なんて様な話もしたような記憶がありまして、少々自分の言っていることに矛盾を感じたりしておりました。

こみる 心の声
こみる 心の声

過酷な努力が必要かどうかがポイント?

次回「後編」は「中学受験をするなら大手進学塾の選択がデフォルトでしょ」という、本記事で紹介した本とは一見真逆の主張をしている本をご紹介いたします。

にほんブログ村 受験ブログへ   ハイブリッド型中学受験のすゝめ - にほんブログ村

中学受験は大手進学塾?塾なし?を考えたときに読んでみたい本<後編>はこちら↓↓↓

大手中学受験塾 vs 塾なし中学受験…を考えたときに読んでみたい本②
大手中学受験塾 vs 塾なし中学受験というテーマにまつわる2冊の本をご紹介しつつ、受験ライフを終えた管理人こみるの所感も交えて、この答えの出ないテーマについて考察してまいりたいと思います。今回は2冊目、中学受験をするには大手進学塾を選択するが吉としている本のレビューです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました