方針や心がけていたこと~三菜家の無理をしない中学受験スタンス~

はじめに。

ご覧いただきありがとうございます、こみるです。

ブログ開始のときに、

100人の子どもがいたら、理解度や性格・体力もそれぞれ、100通りの目指すところ、100通りの受験の方法があってもいいはずじゃないのかなー

って書いているのですが、三菜の(≒三菜家)受験の方針や心がけていたことを、ざっくりざっくりまとめました。

週末は外に行く時間を必ずとる!

ちょっと遠くの公園に家族で行く、外食をしにいく、など、土日の午後は家族みんなでおでかけ!…的な時間を入試直前まで確保していたと思います。いわゆるガス抜きです。

三菜は「ものすごーーーく勉強がスキ!!」とか「崇高な目的のためなら時間を惜しまない!!(と自分で思える)」とかそういうタイプではありません。「できることなら勉強は避けて通りたい」し、「頭ではやらなきゃとわかっているけど隙あらば現実逃避したいなー」と思う幼めタイプです。

そんな三菜が中学受験のために自らを律し、1日中どこへも行かず勉強をやり続けるのは、精神年齢上まだ難しいのではないかと思いました。

管理人こみるは中学受験をしていないので全く参考にならないですが、大学受験の時はどこへもいかず1日中勉強したな―という記憶があります。でも、それって16とか17歳くらい…?

やがて精神年齢が発達すれば「自分を自ら追い込んで、苦手なことであっても一日中取り組む」ということができる日が来るはずですが…(*恐らく親がアレコレしなくても勝手にやります系小学生は既にそのような精神年齢に近いのであろうと思います)…三菜が中学受験をする10とか11歳という年齢ではその域に達していないと思いましたし、実際そうだったのだと思います。

加えて三菜には年の離れた兄弟がおりまして、コレがまた楽しそうに近くでテレビを見たり遊んだりしているわけですから、かなり年上とはいえ「いいなー」という思いはあるでしょうし、心穏やかではなかったでしょう。

外に出た後は表情の明るさや言葉のにこやかさも違いましたので、三菜にとっては良き選択だったように思います。

6年の夏までは旅行にも行く!

家族でどこかに行く、というのはとても大事なことだとこみるは思っています。

6年生にもなりますと、20歳になるまであと約8年。そこまでいかなくとも中学生・高校生にもなれば家族との時間より友達との時間の方が大切と思う時期がやって来ます。親の手元から離れていくまでの残り時間はあとわずかなのですから尚のこと、小学校高学年の時期の家族との時間は大切なんじゃないかなーと思うのです。

※100人いたら100通りの受験方法があっていいというのがこみるの考えです。なので勿論、受験勉強にすべての時間と精力を費やし、濃密な時間を親子で過ごした!!…ということだって凄いことで、立派な思い出だと思います!

ということで、6年の夏まで、盆暮れ正月・GWなど複数日時間がとれるときは、おじいちゃん・おばあちゃんの家に行ったり、そこを起点に旅行に行ったり、いろんなことをしました。

6年の夏はユニバーサルスタジオ!丸1日遊びまくりました。旅行先やおじいちゃん・おばあちゃんの家でも基礎トレ的な勉強はして勉強時間ゼロにはしませんでした。(あ、でもユニバーサルスタジオは唯一ゼロだったかも)

こみる心の声
こみる心の声

受験っぽさがなさそうだけど、ユニバーサルスタジオ行ったときは、大仙古墳の近くもチラッと通ったよ。一応。

眠い時は即、お昼寝タイムをとる

眠い時にそこまで好きでもない勉強をするほど「非効率」なことはありません。

時間がかかる→しかも間違える→やり直しが多数発生する→ますます時間がかかる
という負のスパイラル。
更には、
三菜の機嫌が悪くなる→こみるがイラっとする→家族の雰囲気が悪くなる
というおまけ付きです。
ですがこれ、たったの20分~30分ほど寝てもらえば万事解決です。
こればかりは通塾してては無理で、無塾者の特権かもしれませんが、特に三菜は部活の朝練もあったので昼寝(夕方寝ですが)はマストでした。実は眠い時に「一度寝なさい」というと子はなぜか「眠くない、寝たくない」というのですが(チビもそうですが)、ここは問答無用で寝かせました。
お昼寝の話はあとからこうすれば良かったのかもと思うところもあるので、別記事でまとめたいと思います。

入試直前まで部活は辞めない

「習い事はどんどん整理しましょう!」が通説の中学受験において、朝練のあるハードな部活を直前まで辞めないのが基本などというと「おい、コラ、中学受験なめとんのか?」とお叱りを受けてしまうか、もしくは「大して勉強しなくても御三家受かっちゃう系の子の成功体験ブログ?」って誤解をうけそうです。

…ではなくて、「習い事は整理しません」と決めたと同時に、三菜の中学受験では上へ上へを目指す中学受験はしないことにも決めておりました。ここは夫との話し合い・家族会議で決定。

大手進学塾に通塾していますと、「上へ、もっと上へ」といざなわれます。もっと高い点数を目指しましょう、クラスは上へあがりましょう、学校はもっと高偏差値のところを目標にしましょうというやつですね。当たり前といえば当たり前です。塾は営利産業ですから、より偏差値の高い学校にひとりでも多くの塾生が合格してくれた方が宣伝効果としてよろしい。次年度の売上げにもつながりましょう。

三菜は1年チョイ大手進学塾に通ったのですが、塾の面談で「今の部活が大好きなので辞める気はない。受験後も引退なく5年半部活に専念できるのが私立中のメリットだ。ついては〇〇中か〇〇中(※四谷大塚80偏差値45~55程度)がいいと思っている。」と言いましたところ、「今は「まだ」習い事は整理しなくてもやってけますからね、習い事はそのうち考えましょう。(今からその偏差値の学校を目標になどしないで)□□中(※四谷大塚80偏差値60程度)とかも目指されてもよいと思いますが」と怪訝そうな顔をされたのを覚えています。

これが大きな理由ではないものの、結果として三菜は大手進学塾をやめることになるわけですが、よく考えればそもそもそういう輩は大手進学塾にはいくべきではなく、こちらの予見不足・リサーチ不足でした。相手が提供したいサービスとこちらが享受したいサービスの内容が異なるので仕方ありません。この辺の中学受験にまつわるサービスの選択如何、進学塾の是非などは別の機会に記事にしたいと思います。

ともあれ。

6年の1月中旬までは部活も継続。朝練については顧問の先生とも相談し、「体調管理で睡眠不足であろうと親が判断した日は本人が行きたいといっても休ませる」ことにしたので、11月くらいから休みがちではありましたが、1月中旬までは細々と継続しました。部活がなくなっては勉強はできなかったのでしょう。今もコロナのせいでオンライン授業が続いており部活どころではない(*2020年5月現在)のですが、時折「あーーー早く楽器吹きたい!!!」と言っています。

こみる 心の声
こみる 心の声

部活を長く続けたいから中学受験頑張ったのに~

学校は直前まで休まない

これは中学受験においてご家庭のカラーが色濃く出る事象の一つでしょう。

三菜の家では本人の切なる希望があり基本的に学校に通い続けました。1月校含め3校本命校があったのですが(3校が本命!?…の話は別の機会に)、3校とも入試本番前日は本人の希望もあり、休みました。

後から本人に聞いた話ですが、1月になると「教室から人がどんどん減っていって、変な感じだけど面白かった」そうです。

こみる心の声
こみる心の声

「みんな頑張ってるのに、私、大丈夫??」とか心配にならなかったのか??

学校をこよなく愛していたのは事実のようです。
もしくは肝が据わっているか、はたまた何も考えていなかったのか…今も謎。

受験終了後、中学受験をしなかった子のママが、「1月になってから『中受の子はみんな休んでいるのに三菜はまだ学校に来ているけど、いいのか?大丈夫なのか?』って心配してたのよー」と言っていましたので、周りで心配してくれている人はいたようです。

親が戦略を担当し、親が主導で勉強をすすめる

「親が手取り足取りやりすぎると何もできない子になる」とか何とかかんとか論点のありそうな話題ですが、そもそもこみるは100人いれば100通りの受験のやり方がある前提ですし、本ブログは統計等確たるエビデンスに基づき結論を出すような論文ではありませんで、あくまでもうちはこういうやり方でしたという1サンプルにすぎません。

さて。

ここまでいろいろ記事を書いてまいりましたが、集約しますと三菜の受験における前提条件は以下の4つになります。

受験までの時間は「限られている」
(大学受験と異なり「浪人して後からリベンジ」不可)
・部活や学校がないと死んでしまうので、人より勉強にかけられる時間が少ない
・飲み込みわるめさんなので、人より習得までに時間がかかる
精神年齢が幼め
・共働きのため、親も子のために投下できる時間が限られている
注)中学受験なんてしなければいいじゃないかというそもそも論はここではナシ。

中学受験とは、家族総出の「プロジェクト」のようなものなんじゃないかなーとこみるは思います。条件は各家庭により異なり、三菜の家では上記のような条件です。

一番上は全ての中学受験生に共通の条件。あとの3つは三菜固有の条件です。

プロジェクトなので、仕事と同様、与えられた条件の中でどうやったら最善の結果を出せるかをプロジェクトマネージャーである親が考える必要があります。プロマネである三菜の親は、この条件で最善の結果を得るには、「子の自主性に任せる」=不合格を意味するものと判断いたしました。よって、三菜家では「親が戦略を担当し、親が主導で勉強をすすめることで乗り切ることに。

…と書きましたが、まぁ、途中こういった方針がぶれることもありました。いや、「ぶれることもあった」ぐらいではなく「ぶれることが多々ありました」が正しいかも。

親が主導しておきながら「もう知らない!!!!」などと子供なみにブチ切れたりですね。
いいんです。人間だもの。
その話はまた追々。

にほんブログ村 受験ブログへ ハイブリッド型中学受験のすゝめ - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました